最新情報!看護師の求人サイト6選

トップページ > 看護師の求人について > 働く時間帯を考慮したい看護師が多い

働く時間帯を考慮したい看護師が多い

病院勤務の看護師の勤務形態には、主として日勤・準夜勤・深夜勤の3交替制と、日勤・夜勤の2交替制があります。
求人情報を閲覧する際には、大半は2交替制に対する不安を挙げ、なるだけ3交替制の職場を探しているようです。
というのは、夜勤が12時間以上に及び、長時間の深夜勤務による疲れが問題になっています。
また、募集人数だけに目を向けるのではなく、職員数の数にも目を向けてほしいとも思います。
とある調査によれば、4割近くが1人から2人体制で、夜勤時の対応不足などがあるからです。
ですが、2交替制にもメリットがないわけではありません。
現場の先輩の声には、担当の看護師が目まぐるしく替わる3交替制に比べて、患者さんに安心感を与えることができたり、働く本人にとっても、次の勤務までのインターバルが長く、休みの予定が立てやすいといった声も聞かれています。
ですから、病院の規模や働いている看護職員の数、これらもしっかりチェックしてみましょう。
比較的、経験を積みたい未婚の若手が、2交替制勤務の職場を選んでいる傾向です。


求人情報を閲覧する際、給与や休暇については目が向きますが、医療機関の方針に共感できなければ、理想と現実のギャップを思い知り、結果的に転職する人も少なくはありません。
勤務形態に特に反映されているようで、人手の必要な時間に層を厚くし、看護師1人1人の負担を軽くするために、色々なシフトを試してくれている病院を選びましょう。
病院も経営難とも言われており、人材不足だと把握できていても、何も手を打たない、打てない時もあるようです。
ですから、ハードワークとなり、疲れから退職や転職という結果を招くことにもなっています。
例えば、2交替制や3交替制でも、時間を均等割りにせず、日勤の時間を長く、夜勤や深夜勤を短くする病院もあるでしょう。
一斉に交替するのをやめ、時刻を少しずつずらすことで、できるだけ多くの人員を配置できるようにしている病院も現にあります。
こうした医療機関であれば、看護職の問題となる介護休暇や育児休暇の取得率も高いのではないでしょうか。
情報は、そうした病院の対応からもチェックしてみるのがおすすめです。


看護学校を卒業するまでに、就職先が決まっているものです。
しかし、転職ならば自分の力で、情報収集しなければなりません。
今では、専門となる転職支援サイトで、比較検討が手軽にできます。
特に、病院勤務を希望する場合には、超過勤務の有無、福利厚生の充実度などをチェックします。
中には、女性看護寮の有無をチェックする人も少なくないようです。
大学病院や大規模病院には、大抵、寮があります。
ポイントは、1人部屋なのか相部屋なのか、という点でしょう。
同じ仲間が住んでいると、看護職ならではの悩みを打ち明け合ったり、お互いに助け合ったりして生活することができ、心強いようです。
間取りや設備も気になるものの、管理人がいることもポイントでしょう。
自己の健康管理は大切ですが、それをサポートしてくれます。
個人で借りるよりかなり安い家賃で生活でき、残業などにもすんなり応えやすくなるそうです。

次の記事へ

上へ戻る